♪Russians

☆早いもので、2月ももう終わり。
 弘前以外で過ごす時間が多かったので、雪は本当に苦手ですが、
 今年の雪の量にはなんとか乗り切れそうです!
 
 もうすぐ、春です!!***

 心が動かされたオリンピックも終わりました。
 (開会式は観なかったけど)閉会式の美しさにまた感動!
 
 主役のスポーツを華やかに称えながら支えるオーケストラ、バレエ、文学、サーカス・・全体にクラシック中心の音楽で
 構成されてましたが、クオリティが高くて、素晴らしい!
 
 JAZZやROCKも好きだけど、閉会式を観て、自分というか日本人は地理上、
 歴史的にロシアの影響を多大に受けてる様な気がしました。
 
 子供の頃、サーカスもよく桜祭りに来てたし、バレエ音楽・・本・・、
 時間の使い方は全くアナログでしたが、音楽が聴きたければ、
 親に頼んでレコードを買ってもらいに
 土手町に連れて行ってもらったり、本屋さんに行ったり・・
 自分から動かなければ手に入らない時代。

 白鳥

 5、6歳のころ、一番初めて親にねだったレコード(当時のLP ↑)が
 チャイコフスキーの「白鳥の湖、くるみ割り人形、眠れる森の美女」。
 なぜ欲しくなったのかはよく覚えてないけれど、
 レコード店で店員にはカラヤン指揮のを!と薦められたのにもかかわらず、
 バレエの写真のジャケットにそそられ、「こっち」
 と幼児のくせにジャケ買いの私・・。
 ミーハーなところは今も変わりません・・。
 
 指揮者の誰が良いとか、カラヤンが良いとか、賛否両論ありますが、
 子供の私が聴いて優しい音のオーマンディさん指揮のオーケストラ。
 ジャケ買い成功!

 そんなこんなでいろんな音楽にはまって行く自分ですが・・、

 ロシア×サックスってことで思い出したのはムソルグスキーの「展覧会の絵」から
 ”古城”
 

 
 曲は暗くて派手では無いけれど、なぜムソルグスキーは
 アルトサックスをソロにしてくれたんでしょうね?

★最後にしつこく、STING!「 Russians 」
 ハンガリーの作曲家のコダーイの作品「キージェ中尉」の中のテーマを間奏に使ってます。
 

☆皆さん、今日もおつかれさまでした~。
 ゆっくり、ごはん食べてくださ~い!