☆レッスン日記 002「O君の音」

♪サックス歴、約2年半のO君。
ギター等の楽器を経てサックスを習いに来てくれました。
 
チャーリーパーカーのBOPとかも好きな反面、70’s~アイドル(ももクロ?)など、キャパが広いリスナーさんでもあります。

長身でとっても優しい人柄の通りの、甘~い音でJAZZのスタンダードを発表会でも演奏してくれました。
グループレッスンでも、他の女の生徒さんから「SEXYな音、エロい音」と・・・。

とにかく癒されます。

彼はたぶん速い曲が好きなのだと思うけれど、
私からみると絶対、バラードを吹かせる他はない!と思い、
ルイアームストロングの
「What a wonderful world」を選曲し、「There Will Never Be Another You」
 と2曲演奏していただきました。
 
 彼の素敵な御両親も盛岡から駆けつけていただき、SWEET☆なステージでした。
 
 HAPPY!